三進金属工業株式会社|2016新卒採用サイト
コーポレートサイト
エントリー

三進金属工業とは

「Space Controlers」と呼ばれる理由。

設備・空間の設計力と技術力で生産性を高め、
収納スペースに合わせた最適なラックを提供する「専門家」。
全国展開の産業用ラック総合メーカーとして、
生産量・売上高ともに業界ナンバーワン。

「ものをつくるだけでなく、お客様に喜んでもらうために、何ができるか」
いつも付加価値を生み出す「Space Controlers」の名にふさわしい存在であり続けるために、
私たちは独自のものづくり精神「三進イズム」を育み、
500名を超える社員が同じ価値観を共有することで、持続的な成長への原動力となってきました。
「三進イズム」が浸透する私たちの企業像、その一端をご紹介しましょう。

可能性を追求し続ける「三進イズム」

お客様の要望通りに、期待以上のものを提供していく。
「ものをつくるだけでなく、お客様に喜んでもらうために、何ができるか」を考え、
いつも付加価値を創り出すのが、独自の「三進イズム」です。

ものづくりに賭ける想い

私たちのものづくり精神を表すのが、創業以来の社訓である「創造・迅速・誠実」です。お客様が求めるもの(ニーズ)をしっかりと把握し、安全性・機能性・利便性・デザイン性など、あらゆる視点に立って世の中を支えるさまざまな産業空間を創造的に演出するのが、私たちの使命です。「できない理由」ではなく「どうすれば、できるか」と可能性を追求し続け、行動を起こしていく。これまでも、これからも、決して変わることのないものづくりの企業姿勢であり、社員一人ひとりの行動指針です。

ものづくりと自然環境の融合を目指す

「工場は自然と共存しなければならない」をモットーに、いち早く工場のものづくり現場の環境負荷軽減に取り組んできました。「無排水内部循環システム」や、VOC(揮発性有機化合物)を含まない「粉体塗装ライン」の導入も、その一つです。「地球環境と、ものづくりの融合」に挑むロールモデルとして、業界はもちろん日本のものづくり企業の「自然との共生」の実現へ、一歩先を進んでいます。

全国ネットワークでソリューションを展開

大阪南部の忠岡町にある本社・総合配送センターを拠点に、ものづくり拠点は本社工場と福島工場の東西2工場体制、営業拠点もグループ全体で北海道から九州・沖縄まで41拠点の全国ネットワークを展開しています。大手得意先を介したOEM供給とエンドユーザーへの直接販売、2つの販売チャネルで、さまざまなお客様に「Space Control Solution」を提供しています。

多岐にわたる業種の企業・公的機関がお客様

自動車、電機、航空機など世界的な大手メーカーの製造現場、物流企業の倉庫やスーパーマーケット・コンビニエンスストアの配送センター、高度な情報セキュリティ体制の金融機関、国会図書館に国公立大学や企業の実験・研究設備…。「ラックがないところはない」ほどにあらゆる業種・業態に価値ある製品・サービスを提案し、それぞれに最適なオーダーメイドの「Space Control」を提供しています。

「機能性×デザイン性×多用途」のSpace Controler

機能性とデザインを兼ね備えた、多用途のラック総合メーカーへ。
「ロールフォーミング」技術を出発点に、棚板のプライスリーダーを経て
「Space Controlers」の名は、リーディングカンパニーとなった証です。

私たちのものづくりの原点。1960年代にスチール棚板の製造を開始して以来、独自の「棚板プレスライン」や「ロールフォーミング技術」の開発により、いち早く工場の自動化を推進して量産化を実現。1970年代には棚板のプライスリーダーへ、そして1980年代以後は、ねじれと鉛直加重に強い特殊な形状「袋カマチ」の開発にも成功し、「スペースを有効活用するSpace Controlers」として、部品から完成品までトータルに開発・供給するラック総合メーカーへと飛躍を遂げてきました。

図書館用の書架、オフィスで手軽に設置できる手動式移動ラック、トン単位まで耐えられる重量ラック、そして電動式移動ラックなど、絶えず業界を先取りする新製品を開発し、業界のリーディングカンパニーと呼ばれる存在感を発揮しています。また、駐車場のフロア材の開発を活かした自走式駐車場などの各種構造物や、ボンドフリー天板(接着剤を使わない実験用天板)の開発による企業・大学のラボ(研究・実験)空間の設備へと、役立ちのフィールドを拡大し、3つの商品ブランドシリーズを展開しています。

蓄積した独自技術の粋を集めたシステムモジュールラックは、異なる棚板式モジュールの組み合わせによりこれまでにない用途を可能にする新発想となりました。さらに、用途の拡大や機能性の進化、向上に加えてデザイン性にも磨きをかけ、1990年代のスチール製「ノンスルーフロア」を皮切りに、現在まで合わせて5製品が「Gマーク」(グッドデザイン賞、公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞。機能性とデザイン性を兼ね備えることで、揺るぎないトップブランドとなっています。

最適な役立ちを演出する「HARDY」ブランド

Space Controlは、世の中になくてはならないもの。
「もの」と「その流れ」(物流と保管)が存在する限り、3つのプロダクトブランド
「HARDY」シリーズには、役立ちのフィールドが無限に広がっています。

物流・オフィス空間の最適化~HARDY RACKシリーズ

一般家庭や図書館の書架から、大規模な物流倉庫の物品棚、ワインラックなど多様な業種・業態の産業用システムモジュールラックまで。多彩な保管・物流空間の省スペース化(空間効率)、省力化(作業効率)の向上に貢献するスチールラック設備を提供しています。

生産空間・建築構造物の管理~HARDY STRシリーズ

立体駐車場、ソーラー発電の架台、植物工場のプラント。独自の棚板技術を駆使し、大小さまざまな建築・構造物を設計から建築施工まで一元管理し、ものづくり現場から都市空間まで、幅広い事業領域に貢献しています。

学究空間・専用設備の支援~HARDY LABOブランド

企業・大学など最先端の研究機関と実験・研究設備を共同開発。不燃性でリサイクル性にも優れたスチールラックを応用し、研究者と研究データの安全・安心・環境を満たす最適な研究空間・環境の構築を支援しています。

PageTop